事前チェックを念入りに

また、海外ということで結婚式直前に忘れ物に気づいても、取りに帰ったり代用品を買いに行ったりといったことが困難になります。
忘れ物がないように、事前に入念なチェックをしましょう。
ただ、自分たちが忘れ物をしていなくても、飛行機に乗る際、大切なドレスや指輪等の荷物を預けてしまい、紛失されてしまったというトラブルも散見されます。
紛失されると困る荷物は、面倒かもしれませんが手荷物扱いとし、できる限り機内に持ち込むようにしましょう。

 

また、事前チェックを2回、3回と複数回行うことで、忘れ物をする確率も減りますし、心の準備もできます。
可能な限りチェックは繰り返しましょう。
担当のウェディングプランナーの方にも、現地とのやりとり状況がどの程度まで進捗しているか、定期的に確認する必要があります。
連絡事項を伝えたつもりでも、うまく伝わっていなかったり失念されていたりする場合もあります。

 

このような連絡漏れがないように、なるべく連絡事項は紙に書いたり、メールで送信したりと、後から確認できるような手段で伝える方がいいでしょう。
心と記憶に一生残る結婚式です。
入念な段取りと事前チェックで、希望にあった素敵な海外ウェディングにしましょう。

ue reading »',

準備は全て国内で

慣れない海外で結婚式の準備をすると、バタバタして大変なミスをしてしまいがちです。
準備はすべて国内ですましておきましょう。
まずはどの国・地域で式を挙げるか、日程はいつにするかといった事から決定します。
次に、予算どおりに式を挙げられるか、料理の内容や自分たちやゲストのホテルの手配、航空券の確保も早めにしておきましょう。

 

また、自分たちやゲストのパスポートの期限が切れていないか等のチェックも早めに行う必要があります。
さらに、ドレスは持ち込みにするのか、指輪はどうするか等、結婚式に具体的に必要な段取りをすすめていきます。
ここで気をつけなければならないのが、自分たちの仕事の休暇の都合をつけるだけではなく、ゲストの予定も早めに確認しておくことです。

 

どの範囲までゲストを呼ぶのか、ゲストの旅費はどの程度こちらで負担するのか等も、事前に決めて早めに相手に伝えておきましょう。
また、式の前後の現地での過ごし方等についても、事前の調査・計画が必要です。
ある程度のレジャー内容を決めておく等、現地に着いて慌てて調べるということがないようにしましょう。
このように様々な準備が必要になりますので、担当のウェディングプランナーの方に相談しながら、事前準備チェック表を作成し、それによって確実に確認できるようにしておきましょう。

ue reading »',

海外ウェディングの依頼

海外のリゾートでの結婚式に憧れを抱いている人も多いのではないでしょうか。
家族や近しい友人だけを招待して、海外で結婚式を行うカップルも増えてきています。
しかし、いざ海外でウェディングをするには、どういった段取りでスケジュールを進めていけばよいのでしょうか。
また、どれくらいの期間、結婚式の準備に使えばいいのでしょうか。
海外での結婚式は旅費がかかる分、費用も高額になる場合が多いですし、言葉が通じなかったり文化が違ったりする分、不便な部分もでてきます。

 

海外でのウェディングを成功させるのに、入念な事前準備は必須です。
海外旅行や段取り等に慣れている人は良いのですが、不慣れな方は、やはり専門家に相談し、段取り等を依頼するのをお勧めします。
担当してくださるウェディングプランナーに、自分たちの希望等を詳細に伝え、できる限り理想に近い結婚式が挙げられるようお願いしましょう。
ウェディング関連の会社についてインターネットで調べれば、実にたくさんの会社が出てきます。
口コミや体験談等を参考に、信頼できる会社を見つける必要があります。

 

また、友人や知人で実際に海外で結婚式を挙げた人がいれば、段取りや準備等について教えてもらいましょう。
経験者の生の声が、やはり一番参考になるはずです。
そして、そういった意見を参考にして、自分たちが海外ウェディングでしたいこと、これだけは欠かせない事等を書き出して、担当するウェディングプランナーの方に伝え忘れをしないように、事前準備をしておきましょう。

ue reading »',